【seronの待ち受け】

社会人になり、更新が停滞気味・・・
ポケモンとか、仮面ライダーとか、ご当地フォルムカード・・・など興味があることを記録していきます。
時々によって扱うネタの頻度が変わるのは移り気な性格だから

ブラックジャック創作秘話トークライブに参加してきました。

秋田書店から出版されているマンガ『ブラックジャック創作秘話』トークライブに先週参加してきました。

このマンガについては、昨年ドラマ化もされました。
タイトルにあるように、マンガ『ブラックジャック』の創作にまつわるエピソードが中心ですが、
アニメ制作のエピソードもあり、ブラックジャックを描いていたころの手塚治虫のエピソード集といったところです。

俺は昭和63年の生まれなので、リアルタイムで手塚治虫作品を読めた世代ではないのですが、
やはり普及の名作揃いですので、今でも手塚治虫作品に触れる機会は多いです。

ですが、当時の手塚治虫を直接知っているわけではないので、こういったマンガは手塚治虫のエピソードを知れる貴重な作品です。

そんな『手塚治虫創作秘話』の秘話を聞けるトークライブが東京で開催されるということですので、参加しました。

そもそも、俺はこういったトークライブの類には参加したことなくドキドキしながら参加したのですが、
やはり、というか参加者の年齢層が高めで落ち着いた雰囲気で良かったです。
(当日、下のZEPPではきゃりぱみゅぱみゅのライブがやっていましたw)

トークライブの内容としては、手塚治虫伝説をトークライブ出演者の宮克さん(「ブラック・ジャック創作秘話」原作者)と、吉本浩二さん(「ブラック・ジャック創作秘話」漫画家)と振り返ったりしたのですが、

一番盛り上がったのは38年ぶりのリベンジ企画!
『ブラックジャック創作秘話』3巻で取り上げられた「MW(ムウ)」で最終チェック前に編集の方が、
背景の入っていない原稿をそのまま載せてしまったエピソード。

その原稿を、当時のアシスタントでライブに出演した三浦みつるさんと、わたべ淳さんが
背景を生で描くという、『〜創作秘話』ファンにとっては夢のような企画が行われました。

当日は写真撮影OKでしたが、ブログに載せて良いかどうかは判断できないので、
ここには載せませんが(まぁここはライブ参加者の特典ということで)、
当時のアシスタントだからこそ知るエピソードを交えながらの執筆は感動ものでした。

トークライブ終了後は、吉本浩二先生に、手塚治虫のイラスト添えでサインをいただきました。
こういった企画はめったに行われないですし、今後もこういったイベントが開催されたら、時間と金が許す限り参加していきたいです。

考古学ミニチュアフィギュア

先週、東京国立博物館へキトラ古墳の壁画を見に行ってきました。

前日、『ブラック・ジャック創作秘話トークライブ!〜手塚治虫の仕事場から〜』へ参加していて、せっかくだからと博物館へ足を運びました。
(トークライブについてはいずれ書きたい、、)

元々小学生の頃の担任教師の影響で、古墳とかお城へ自転車を漕いでいた少年時代を送っていたので、
本格的に勉強はしていないのですが、興味は持ち続けていました。

壁画は思っていた以上に状態が良くて、まさに「時を超えて」という感じでロマンに溢れていました。
キトラ古墳については、並んでいる途中でネットで調べた。。というレベルでしたが、それでもそれなりに楽しめましたが、当時の時代背景を知っているともっと楽しめたと思うと残念です。

また、ミュージアムショップでは考古学ミニチュアフィギュアを購入しました。
どうやらネットで調べると元々数年前からガチャで販売されていたようですが、今は箱の中にごちゃごちゃとしていましたw

狙いは遮光器土偶でしたが、、それはかなわず。

854104126
人面付壺形土器と袈裟襷文銅鐸(けさだすきもんどうたく)

しかしクオリティには満足できるものでした。
ホント、細部にまでこだわっていてびっくりできました。

これならコンプしたくなりますね!
また機会があれば購入してみたいです。

ご当地フォルムカード6弾@東京

この休みに、東京へ遊びにいった際に東京のご当地フォルムカードを購入しました。

渋谷スクランブル交差点
6弾 渋谷スクランブル交差点

交差点がカードになるってすごいですね。
東京はずっと建物が続いていて、初の建物以外のカードです。(動物園が建物かどうかは微妙だけど)

スカイツリーは来年の7弾でしょうか?w

ちなみに、今回は東京中央郵便局で購入しました。
初めて来たのですが、ポストカードなどグッズ展開が多いですね。
東京駅のすぐ近くということもあり、環境客も多いんでしょう。

東京中央郵便局は商業施設のKITTEの1Fにあります。
KITTEには雑貨店や衣類店がテナントとして入っているのですが、いずれも日本のモノづくりを意識した店をテナントとして入れているようです。
すごく俺好みの店が多く、いて楽しかったです。

以前別の店で買い逃した、SIWAのブックカバーが買えて満足です。

ジャージ乳ソフトチロル

ジャージ乳ソフトチロルが発売されています。

ジャージ乳ソフト

最近、ジャージー乳って良く聞く気がします。
どうやらジャージー乳という牛の品種があるようですね。

ほどよく甘いチョコの中に、フィアンティーヌ(パイ生地が薄いものらしい)と米パフが入っていて、
ザクザクとした食感がとても美味しいです。

また、アソートではコーヒー牛乳Verも入っているようです。
店でちらっと見かけましたが、スルーしてしまいました。。。
最近チロルの情報収集不足だなー

久しぶりに、チロルのHPを見たらアレルギー情報ページができていました。
現在発売されているものと、少し前の商品についての情報が掲載されていました。

また、現在チロルチョコ111周年プレゼントキャンペーンが実施されています。
これまでの沿革と、ミニゲームが実施でき、結果に応じてプレゼントに応募することができます。

改めて歴史を感じることができます。

ご当地フォルムカード@群馬5・6弾

先日富岡製糸場へ行った際に、群馬のご当地フォルムカードを購入してきました。

こんにゃく
5弾 こんにゃく

こんにゃくゼリーで有名なマンナンライフも群馬の企業であることからも、こんにゃくが特産であることが伺えます。

焼きまんじゅう
6弾 焼きまんじゅう

2年前に群馬へ行った際に食べたことがある焼きまんじゅうが登場です。
食感ははんぺんのようなフワフワした感じなんですよね。味噌味でとても美味しかったです。

関連:ご当地フォルムカード@群馬(1〜4弾)

富岡製糸場に行ってきました

先月、イコモスからの登録勧告がだされ世界遺産登録がほぼ確実となった富岡製糸場に行ってきました。

富岡製糸場は前々から気になりつつも、隣県ということで後回しにしていました。
そして世界遺産登録のニュースで激混みが予想されつつも、これはもう行けってことだと判断し、出かけました。

郵便局によってついてみると、長蛇の列。。。
Facebookの公式アカウントによると本日(5/4)は過去最高の8,142人が来場したようです。
ただし、昨日も最高来場者数を塗り替えたばかりなので、GW中は連日塗り替えそうですねw
明日の5日がピークかなぁ?

富岡製糸場までは、電車では上信電鉄で上州富岡駅で下車し、20分も歩けば着きました。
高崎ー上州富岡の往復+富岡製糸場入場券がセットになった切符が高崎駅で売っていました。

切符
富岡製糸場見学往復割引乗車券

記念切符にもなるし、通常で買うより440円安いので電車で行くなら買わない理由はないかと。

場内は当時の寄宿舎もあるだけあってかなり広く、来場者数の多さにかかわらず入ってしまえば、人の多さもあまり気になりませんでした。

東繭倉庫
東繭倉庫

それと、ガイドツアーを利用する人が圧倒的多数で、一つの固まりになって行動するため、分散されていることが大きいと感じました。

東繭倉庫

レンガ造りが印象的な東繭倉庫(重文)ですが、これは木材の骨組みの間にレンガを積み上げる「木工煉瓦造」という造りみたいです。

東繭倉庫

全長104mだそうです。
中は展示コーナーや生糸造りの体験コーナー、販売コーナーとなっています。
続きを読む

ご当地フォルムカード専用ファイル6弾

ご当地フォルムカード6弾の専用ファイルが届きました。

851143906
1338円

ポスタコレクトのオンライン限定で購入できるファイルです。

ファイルの中身自体は市販の給与明細など入れるファイルと同じなのですが(コクヨ製)、台紙や絵柄付き全国マップ、ミニカード(3枚)がつくのがポイント。

ちゃんと並べると、収集しているなって気になりますw
seronのプロフィール
カテゴリで検索
記事検索
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ