2473c735.JPG今日、ケータイショップに行きました。

月末だし、7月のカタログでも無いかな〜と潜入してきました。

残念ながら7月のカタログはなかったのですが、

代わりにオモシロイものを見つけました。

”au・SoftBankとくらべてください”と書かれたDoCoMoのリーフレット・・・

さっそく持ち帰り読んでみました。

まぁ案の定都合のよい比較ばかり。

家族割引の項目では、auとしか比較していない。

なぜなら、auより、無料通話分の繰越と家族内メールの点では勝っているから。

たしかに、ホワイトプランではSoftBankは無料通話分の繰越はできませんが、家族内通話料や家族内メールは無料です。

もちろん、ブループラン、オレンジプランでは、DoCoMo,auのコピープランなので繰越もできます。

さらに、ホワイトプランについての表記には呆れます。

”ホワイトプランご利用料金例”には、

1 ホワイトプラン980円
2 通話料…SoftBankどうしで無料になる通話以外の通話料
3 S!ベーシックパック315円
4 パケット通信料…SoftBankどうしのメール以外
5 請求書手数料105円
6 新スーパーボーナス…ケータイ購入の分割支払金

以上4点の合計金額は、5810円になります。

(*2、6は省く。4はパケット定額料金で計算)

2の通話料は個人によって違うので比較の対象外。

(リーフレットには、携帯電話契約数の84パーセントは他社ユーザーだから、SoftBankどうしの無料についてマイナスに書いているけど、同じキャリア内でも無料でないDo9CoMoにそんなこと言われる筋合い無い。)

では次に、上記4点をDoCoMoのプランで計算します。

*プランはタイプSで計算

1 タイプS 3780円(無料通話料1050円)
3 iモード付加機能使用料210円
4 パケ・ホーダイ4095円
5 請求書手数料 無料

計算結果は、7035円となります。

1000円以上高いですね〜

「くらべてください」なんて書くなら、同じ条件でDoCoMoの場合も書くのが筋では??

*タイプMで同様の計算しても同じ結果となります。

ついでに、タイプLで計算すると、8085円とさらに高額となります。

6の新スーパーボーナス…ケータイ購入の分割支払金についてですが、これは、機種代のことです。

"ココにも注目"ってとこに、

「分割支払い期間中に機種変更や解約をした場合、分割払いの残高を支払うことになります」なんて書いてあって、

例として、一年で機種変更や解約をしたら”3万円以上の場合も”と書かれてます。

あれ??

DoCoMoで一年で機種(契約)変更した場合、いくらかかりましたっけ??(笑)


以上の書き込みに意見・異議のある方はぜひコメント下さい!!