昨日、電気通信事業者協会(TCA)が、2007年6月末時点の携帯電話・PHS契約数を発表しました。

5月に続き、6月もSoftBankが1位です!!!

昔の純減続きが嘘のようなみごとな"反撃"っぷりです。

では結果を書きますね。

NTT DoCoMo  +88,800 計52,845,700
KDDI (au,TU-KA) +133,200 計28,709,400
SoftBank  +204,800 計16,440,500
e-mobile +60,200 計60,200

6月からe-mobileが新規参入しています。

ちなみにKDDIの内訳は、auは、20万7,700の純増、TU-KAの7万4,500人の純減で、一見SoftBankよりauの方が多いと思われますが、

TU-KAからauへの移転を考慮しての数字なので、やはり我がSoftBankの勝利です(笑

あっ、今月からDoCoMoの2in1による"水増し作戦"は、総務省の依頼により作戦失敗となっています。

まぁ、当然ですが・・・

MNPでの結果は、

DoCoMo  −6万3,400
KDDI   +5万1,700
SoftBank +1万1,600
(au +5万3,900、TU-KA −2200)

・・・と相変わらずMNPによる"DoCoMoひとり負け”が続いています。

しかもDoCoMoの夏モデルは弱いときた。

もうSoftBankの敵はauだけですね(笑

DoCoMo:「さて、そろそろ反撃してもいいですか?」

やれるもんならどうぞ(笑

SoftBankには夏商戦を勝ち抜いてほしいです。